脱毛サロンイメージ

おすすめの脱毛サロン店舗

両ワキ脱毛12回コースがお得
↓▼↓▼↓▼↓▼↓
お得な予約はこちらから
ジェイ エステティックのイメージ画像
人気の美容脱毛サロン
【ミュゼプラチナム】

↓▼↓▼↓▼↓▼↓
お得な予約はこちらから
ミュゼプラチナムのイメージ画像
TBCのフェイス脱毛2回+両ワキ
脱毛通い放題セットプラン!

↓▼↓▼↓▼↓▼↓
お得な予約はこちらから
エステティックTBCのイメージ画像

脱毛器で肌が赤くなる

脱毛器で肌が赤くなる イメージ画像

女性は体毛の処理に気を遣う事が多いため、脱毛器を使用する人が多く見られます。
エステサロンなどに行かなくても自宅で手軽に脱毛処理ができて、お金もあまりかからないためです。
しかし脱毛器を使っていて肌が赤くなるという経験をした事のある人も多いでしょう。
肌が赤くなるという事は炎症を起こしている事を意味します。
多くの女性たちはそれが分かっていても、ムダ毛を処理せずそのままにしておくわけにはいかずそのまま脱毛器を使い続ける傾向にあります。

この肌が赤くなって炎症を起こす現象は脱毛器の使い方が良くないために起こる事が多く、使い方に気をつけてさえいればこれを避ける事が可能です。
極端な廉価品の場合はそれでも赤くなる場合もありますが、通常の器具であれば正しい使い方をすれば大丈夫です。

まず脱毛器の種類によって炎症を起こす原因が異なります。
シェーバータイプやローラータイプであれば、体毛を抜く際に炎症を起こします。
そのため軟膏を塗るなどといった処置を併用する事が必要です。
また冷やしたタオルを準備して患部を冷やすのも効果的です。
また使用後に入浴をする場合は化膿止めを使うと、毛穴に雑菌が入るのを防止する事ができます。

次にフラッシュ式やレーザー式の場合は、光が強すぎて肌の炎症を起こします。
そのため光を弱めて使うと炎症を防止する事ができます。
それで十分に脱毛できない場合は光を当てる回数を増やしてみましょう。
弱い光を何度も当てる事で肌への負担を軽減すると同時に、きちんとムダ毛を脱毛する効果が得られます。
また肌への負担をさらに軽減するには、シェーバータイプやローラータイプと同様に冷たいタオルで冷やす方法も有効です。

このページの先頭へ